読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35%以上の方がリピート?!グレート・ギャツビーが送料無料じゃなくても格安価格です フランシス・スコット・フィッツジェラルド

私の理解力が足りない?この作品は、ずいぶん前に訳された有名な翻訳がこれまで長い間読まれてきましたが、手にとられた方の中には、日本語が読みづらく感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。ずっと読みたかったので購入できて良かったです。これから読むのが楽しみです。

イマが買い時♪

2017年03月10日 ランキング上位商品↑

グレート・ギャツビー フランシス・スコット・フィッツジェラルドグレート・ギャツビー [ フランシス・スコット・フィッツジェラルド ]

詳しくはこちら b y 楽 天

原作が素晴しいのだと思いますが、村上さんの翻訳のお蔭でとても87年前の作品とは思えない新鮮で普遍的なテーマが描かれております。と、いうかたには、物語の冒頭がしんどいかもしれません。324頁。慣れ親しんだ訳者の文章で蘇った名作ですが、あっという間に読破。素晴らしいです。ディカプリオの新作を観た後、原作を読み返したくなって購入しました。グレート・ギャツビーは読んだことがありましたが、村上春樹さんが翻訳されているので購入しました。でも、英語力が・・・。華麗なるギャツビーはレッドフォード出演作のほうがよかったです。海外に住む叔母からのリクエストです。 「星の王子さま」はじめ新訳ブームですが!ぜひクリスティー作品の新訳も望みます。彼の出生の秘密や、うわさ等、ニックとジョーダンとの関係も含めて面白く読むことができました。最後の段落は特に素敵だ。愛蔵版も欲しくなってきました。 別の方の翻訳で読んでいましたが、正直何を言おうとしているのか分からず、何度読み直しても物語の中に入っていくことが出来ませんでした。村上訳の評判が良い(世界観を反映しているとのこと)ので読んでみることにしました。どうしても読みたかったようです。深い部分では繋がっていますが,フィッツジェラルドの世界に誘ってくれます。ギャツビーがとても女々しく情けなく見えたのですが、今回読み返してみてギャツビーのデイジーを思う気持ちは不器用でいて、また激しく、デイジーに近づくほどに歯止めがかからなくなってきます。30ページにも及ぶ訳者後書きで!村上さんの「ギャッツビー」に対する愛情!思い入れが感じられます。 読了後は、レッドフォードの映画「華麗なるギャツビー」もご覧になることをオススメします。「ギャツビー」は学校でよく教材に使われますが!村上訳を読んで勉強できる学生がうらやましい!「スターの恋人」29冊引用本の一つで!読みたいと思っていた時に村上さんの本が読みやすい!と皆さんのレビューで購入です。 でも!村上さんの「あとがき」から入ると!すんなりと物語に酔うことができます。村上春樹さんが40年以上にわたって宝物のように愛しんできた小説「グレート・ギャツビー」がいよいよ村上訳で出版です。村上ファンでない方にもお勧めです。なるほど,と思った。巻末のあとがきも読みごたえがありました。村上春樹訳は、やはり大変読みやすいです。映画では、個々の個性や人間関係が描ききれない面もあるので、原作、読んでおくとより映画も楽しめると思います。<読後>氏はあとがきで,100年以上前の物語だが,会話は現代におこっている臨場感が必要なので,登場人物が読者の友人として敵として存在するために可能なかぎり装飾を取り払ったと述べている。まさにGREAT!!!村上春樹さんの小説が好きで、いつか読もうと思って読みそびれてました。絶対におすすめはこっちです。春樹さんの翻訳は読みやすいので大好きです。情景が目に浮かんで自然と引きずり込まれます。学生時代に読んだのを思い出しました。また村上氏は最初と最後にとても気を使った,逆に言うと,ここを訳せる実力をつけるまで本書の翻訳には手と付けなかったと述べている。同じ本を読んでいるとは思えませんでした。以前「華麗なるギャツビー」を読んだときはあまり好きになれませんでした。最初,氏の小説のような口調ならどうしようと思ったのですが,翻訳は全く違うのですね。期待が大きかったからでしょうか!訳!内容ともに私にとっては!普通という評価です。 フランシス・スコット・フィッツジェラルドのことはしらないけれど!村上さんのファン。そして、その世界の名作を、いきいきとした現代語で味わえる今回の一品。レンタルあります。新潮文庫より高いですけど、こっちのほうがいいですよ。つい村上さんの小説の世界に居るような錯覚に陥りました。春樹さんの翻訳。そんな訳で!機会を見て是非原作にチャレンジしたいと思います。家族に頼まれて、ポイントも使えたので買いました。開発前のアイランドの様子から始まる風景描写をかりた米国人の哀切,自然を一定に後退させ,発展を選び,その価値観を幸福と呼び,そしてノスタルジーを創作しながら前に突き進む,かすかな,だが消えない精神の闇が良く描けており,ぞっとした。この間ディカプリオ氏の映画を見て原作の深い世界を知りたく購入しました。シリーズをそろえようと思います。が、やはり日本語自体が時代を経て変わってきている今、新しい翻訳が待たれていたのも事実だと思います。この冬休みにゆったり気分でじっくりとと思ったのですが!一気に読み終えてしまいました。。もちろん、これまでの翻訳も名訳です。